法定相続情報証明制度が始まりました

法定相続情報証明制度とは

ビジネスマン1.png

 

 平成29年5月29日から「法定相続情報証明制度」が始まりました。

これは、相続が発生した際「相続人である」という証明情報を登記所が発行するというものです。

これまで「相続人である」という証明は、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本および相続人全員の戸籍謄本を揃えて、その戸籍の束を提出して行っていました。

相続が発生すると、相続登記や金融機関・保険会社での手続きが必要になります。

手続きの分だけ戸籍一式を揃えるのは費用も掛かりますが、この法定相続情報を複数取得すれば重複した戸籍謄本を入手しなくても手続きを行える可能性があります。

ちなみに、取得を申請できるのは相続人で、費用は無料です。

 

 申請すれば親族図を作成して交付してくれると勘違いしている方も多いのですが、そうではありません。

まず自分で戸籍一式等必要書類を揃え、親族図を作成します。

申出書に必要事項を記入の上、準備した書類を添えて申請する。そして内容が正しければ偽造防止措置の施された専用の用紙に法定相続情報一覧図を印刷して交付してくれる、という流れになります。

 

当方では、早速この制度を利用して登記申請を行ってまいりました。

法定相続情報取得までにかかる期間は、約1週間でした。

親族図には被代襲者を除き、被相続人よりも先に死亡した者は記載されません。

相続人のみ記載されますので非常に分かりやすい一覧が出来上がります。

不動産の相続登記を申請するのであれば、法定相続証明情報制度の添付書類は揃ってしまいますので、この制度を利用しない理由を探す方が難しいと思った次第です。

 

戸籍は一見しただけでは、誰と誰がどうつながっているのか非常にわかりにくくなっています。

そのため申請は司法書士などの専門家に依頼することになるでしょう。

一般の方が戸籍をもとに一から親族図を作成するのは極めて難しいからです。

この制度の導入により銀行や保険会社での相続手続きの手間が大幅に省略でき、また相続登記がなされず不動産が放置されるという問題の解決に大きく寄与することを期待しています。

無料相談・お問合せ

 
 

当事務所では、無料相談を実施いたしております。
 
予約優先となっておりますので、予約をおとりいただけるとスムーズです。
 
面談の際は、
   本人確認ができるもの(免許証や健康保険証など)と認印
   をご持参ください。
 
ビジネスウーマン.png
事務所への来所が事情によりできない場合は、出張対応もさせていただきます。
 
面談・出張ともに、お客様の都合を伺い、ご予約日を調整いたします。
相談や質問など、不明点は何でもお問合せ下さい。
 

電話での問い合わせ・ご予約は

06-4256-7878

(平日9:00~20:00)

034.png

 

→無料相談フォームへ

 


▲このページのトップに戻る