任意後見契約のながれ


@

 電話・メールでの
お問合せ  
電話・メールなど、ご希望の方法でお気軽にお問合せください。
事務所・出張での詳しいご相談をご希望の場合は、希望日時を
お知らせください。

A

    無料相談   

当事務所または出張にて詳しい内容を伺い、今後の手続きの
流れを提案いたします。
無料相談ですので、費用はかかりません。

 B 当事務所への正式なご依頼

C ご本人との面談 詳細の打ち合わせをします。
どのような事務を任意後見人に委任するのが良いかなどの
アドバイスをさせていただきます。
D
候補者の決定

任意後見受任者になる候補者を決めていただきます。
E 委任事務内容の決定
どのような支援をしてもらうかを決定していただきます。
生活・療養看護・財産管理に関する事務の全部または一部について
「任意後見人」に委任し、「代理権」を与えます。
F 任意後見契約を
「公正証書」で結ぶ

任意後見受任者と任意後見契約を公正証書で結びます。
公正証書とは公証役場の公証人が作成します。

※「任意後見監督人」を誰に依頼するか推薦し、契約書に記載
しておくことができます
 
登 記

契約が結ばれるとに似後見契約の内容が「法務局」で登記されます。

任意代理契約・見守り契約が結ばれている場合は、その契約が開始します。

契約内容を変更・解除することが可能です。

 

本人の判断能力の低下

H
任意後見監督人に選任申立

ご本人の住所地を管轄する家庭裁判所へ申し立てを行います。
I
「任意後見監督人の選任審判」確定
任意後見契約がスタートします

 


→任意後見制度については こちら

 

 

 

 

無料相談・お問合せ

 
 

当事務所では、無料相談を実施いたしております。
 
予約優先となっておりますので、予約をおとりいただけるとスムーズです。
 
面談の際は、
   本人確認ができるもの(免許証や健康保険証など)と認印
   をご持参ください。
 
ビジネスウーマン.png
事務所への来所が事情によりできない場合は、出張対応もさせていただきます。
 
面談・出張ともに、お客様の都合を伺い、ご予約日を調整いたします。
相談や質問など、不明点は何でもお問合せ下さい。
 

電話での問い合わせ・ご予約は

06-4256-7878

(平日9:00~20:00)

034.png

 

→無料相談フォームへ

 


▲このページのトップに戻る