成年後見ご依頼の流れ

 

STEP1

無料相談

事務所または出張にて詳しい内容を伺い、今後の手続きの流れを提案いたします。

無料相談ですので費用はかかりません。

STEP2

必要書類の収集

戸籍謄本・住民票など申立書作成のための資料が必要になります。

そのほか、申立書と付属書類を作成する資料が必要になります。

STEP3

申立書・付属書類の作成

具体的な内容を確認のうえ、家庭裁判所への申立書を作成いたします。

STEP4

裁判所への申立

ご本人の住所地を管轄する家庭裁判所へ申し立てを行います。

 

「保佐申立」

代理権を付与する場合は「代理権付与の申立」を行います。

 

「補助申立」

代理権・同意権を付与する場合はそれぞれ「代理権付与の申立」「同意見付与の申立」と行います。

STEP5

鑑定費用の納付

原則必要ですが、ご本人の状態により、鑑定が不要になる場合もあります。

鑑定が行われる場合、鑑定費用約10万円が必要になります。

なお、裁判所が鑑定人を指定しますが、申立人側から推薦することもできます。

STEP6

裁判所による聴取

申立書に記載されている内容を「申立人」「候補者」「本人」に確認します。

即日聴取を希望する場合は、裁判所へ事前に予約します。

本人が裁判所へ出向くのが困難な場合、後日裁判所から担当者が出向く場合もあります。

STEP7

関係者の聴取

即日聴取された方は不要になります。

関係者に対する面接や意向調査を行います。

場合によっては省略されることもあります。

STEP8

本人の判断能力についての鑑定

裁判所が指定した医師が、診察や検査によって本人の判断能力の鑑定を行い、鑑定書を作成します。

なお、申立人側から鑑定人を推薦できる場合もあります。

STEP9

審理

裁判所は、申立書などの提出書類・鑑定結果・本人調査の結果などを検討し、審理します

STEP10

審判の確定

申し立てた人と後見人が審判書の謄本を受け取ってから2週間で審判が確定します






          →後見事務の開始
            後見人等は原則1か月以内に、本人の財産目録・収支目録等の報告書を
            裁判所へ提出します





無料相談・お問合せ

 
 

当事務所では、無料相談を実施いたしております。
 
予約優先となっておりますので、予約をおとりいただけるとスムーズです。
 
面談の際は、
   本人確認ができるもの(免許証や健康保険証など)と認印
   をご持参ください。
 
ビジネスウーマン.png
事務所への来所が事情によりできない場合は、出張対応もさせていただきます。
 
面談・出張ともに、お客様の都合を伺い、ご予約日を調整いたします。
相談や質問など、不明点は何でもお問合せ下さい。
 

電話での問い合わせ・ご予約は

06-4256-7878

(平日9:00~20:00)

034.png

 

→無料相談フォームへ

 


▲このページのトップに戻る