見守り契約とは

おばあちゃん.png見守り契約とは、成年後見制度を使うほどではない方々を定期的に訪問し、

生活状況や健康状態を把握して、場合によっては財産管理等を行う契約です。

連絡を取り合うことで、委任者の状況を把握し、判断能力の低下に伴って成年後見制度の利用へ移行したり、相談によって日常生活の不安を解消することが出来ます。

見守り契約の概要

  • 定期的に面談・連絡をとる

    月に数回、訪問や電話連絡を通して、委任者の健康や生活の状況を把握します。
    委任者はいつでも相談できる環境にあるので、日常生活から生じる不安の解消につながります。
    また、判断能力が十分あるうちから信頼関係を築くことができ、ご本人に変化があればいち早く気付くこともできます。
    判断能力の低下がみられた場合、財産管理契約や成年後見制度等へのスムーズな移行へ役立ちます。
  • 各種契約の相談

    高齢者を狙った悪質な訪問販売等の被害に遭わないよう、契約に関する相談に対応することが
    出来ます。
    万が一、被害に遭ってしまった場合でも、日常の連絡によりクーリングオフ等で対策がとれます。
    場合によっては国民生活センターと協同して問題の解決にあたっています。


  • 委任者の家族に近況を報告

    面談等で得た、委任者の健康や生活の情報を、家族・親族に対して定期的に報告
    することができます。

  • 財産管理契約・成年後見の申立

    受任者が面談や連絡などを通して委任者の判断能力が不十分になったと確認した時には、財産管理契約や成年後見を開始する手続きをとります。

無料相談・お問合せ

 
 

当事務所では、無料相談を実施いたしております。
 
予約優先となっておりますので、予約をおとりいただけるとスムーズです。
 
面談の際は、
   本人確認ができるもの(免許証や健康保険証など)と認印
   をご持参ください。
 
ビジネスウーマン.png
事務所への来所が事情によりできない場合は、出張対応もさせていただきます。
 
面談・出張ともに、お客様の都合を伺い、ご予約日を調整いたします。
相談や質問など、不明点は何でもお問合せ下さい。
 

電話での問い合わせ・ご予約は

06-4256-7878

(平日9:00~20:00)

034.png

 

→無料相談フォームへ

 


▲このページのトップに戻る