「後見支援預金」

「後見支援預金」とは?

ビジネスマン1.png

 

 静岡県信用金庫協会が平成29年7月より「後見支援預金」を始めると発表しました。

静岡県内の12の信用金庫で順次、取り扱いを開始していく予定だそうです。

後見支援預金とは、信金が開発した、家裁と連携して預金で財産を管理する新たな金融商品です。

地元の家庭裁判所に提案したところ連携して取り組みを進めていく事になり、裁判所側でもこの取り組みをモデルケースとして注目しているようです。


 平成24年に「後見制度支援信託」という制度がスタートしました。

この制度は、家庭裁判所が関与することで被後見人の財産を信託財産とし、被後見人の財産を守る制度です。

しかしながら、信託する額が1000万円以上と条件が付いていたり、地方に信託銀行が少ない実情などから、あまり普及はしていませんでした。


 高齢化が進む今日、成年後見制度がより安全に、より利用しやすく、制度が見直され改善されていく事が期待されますね。

「後見支援預金」、今後利用が進むのか注目したいと思います。

 

無料相談・お問合せ

 
 

当事務所では、無料相談を実施いたしております。
 
予約優先となっておりますので、予約をおとりいただけるとスムーズです。
 
面談の際は、
   本人確認ができるもの(免許証や健康保険証など)と認印
   をご持参ください。
 
ビジネスウーマン.png
事務所への来所が事情によりできない場合は、出張対応もさせていただきます。
 
面談・出張ともに、お客様の都合を伺い、ご予約日を調整いたします。
相談や質問など、不明点は何でもお問合せ下さい。
 

電話での問い合わせ・ご予約は

06-4256-7878

(平日9:00~20:00)

034.png

 

→無料相談フォームへ

 


▲このページのトップに戻る