印鑑証明書の悪用防止について

印鑑登録証明書と実印の絶大な効力

ビジネスマン1.png

 

今回は印鑑登録証明書について触れたいと思います。

 

実印と印鑑登録証明書には絶大な効力があります。

管理を誤ると、連帯保証人や公文書偽造など、悪用される可能性は数えきれないくらいあります。

法人は別として、個人では日常的に「印鑑登録証明書」が必要になる方は少ないと思います。

つまり、利用した後は登録の抹消すればよいというわけです。

登録抹消をしておけば、仮に「実印」と「印鑑登録証明書」が盗まれたとしても、その効果はなく悪用を防止することができます。

「実印」と「印鑑登録証明書」が求められたときだけ、その都度、実印登録と印鑑証明書の発行を行えばよく、法的にも、その効果も何も問題がありません。

 

相続登記に必要だから印鑑と印鑑登録証明書を送るよう兄弟に言われた、という方がおられました。

不用意に渡してしまうと、どのような内容の登記であっても申請できてしまいます。

遺産分割協議を行うなら、きちんと協議内容を確認・把握し、ご自身の手で押印するべきです。

気心の知れた親族であったとしても、後々わだかまりを残さないために、きちんと専門家を通して手続きをされる事をお勧めします。

無料相談・お問合せ

 
 

当事務所では、無料相談を実施いたしております。
 
予約優先となっておりますので、予約をおとりいただけるとスムーズです。
 
面談の際は、
   本人確認ができるもの(免許証や健康保険証など)と認印
   をご持参ください。
 
ビジネスウーマン.png
事務所への来所が事情によりできない場合は、出張対応もさせていただきます。
 
面談・出張ともに、お客様の都合を伺い、ご予約日を調整いたします。
相談や質問など、不明点は何でもお問合せ下さい。
 

電話での問い合わせ・ご予約は

06-4256-7878

(平日9:00~20:00)

034.png

 

→無料相談フォームへ

 


▲このページのトップに戻る