不動産登記とは

このようなときは不動産登記が必要です

  • 不動産を売買したとき
  • 不動産を相続したとき
  • 不動産を贈与したとき
  • 所有者の住所を変更したとき
  • 不動産を担保に融資を受けたとき
  • 不動産を担保にしていたローンの返済が終わったとき
  • 自宅を増築、建て替え、二世帯住宅にしたとき


 不動産に関する物権変動が生じた場合、第三者に対して権利を確実にしておくために

 不動産登記を行う必要があります。

 登記をせずに放っておくと、のちのち問題が生じるケースも多くみられます。

 

 →不動産登記の費用はこちら

無料相談・お問合せ

 
 

当事務所では、無料相談を実施いたしております。
 
予約優先となっておりますので、予約をおとりいただけるとスムーズです。
 
面談の際は、
   本人確認ができるもの(免許証や健康保険証など)と認印
   をご持参ください。
 
ビジネスウーマン.png
事務所への来所が事情によりできない場合は、出張対応もさせていただきます。
 
面談・出張ともに、お客様の都合を伺い、ご予約日を調整いたします。
相談や質問など、不明点は何でもお問合せ下さい。
 

電話での問い合わせ・ご予約は

06-4256-7878

(平日9:00~20:00)

034.png

 

→無料相談フォームへ

 


▲このページのトップに戻る